弓工房blog

白井弓子のブログです。 お知らせや、時々つぶやきなど。
4

Tenken

TenkenTenken
(2010/09/15)
Yumiko Shirai

商品詳細を見る


Tenkenって何やねん?!てお思いの方、そうこれは
「天顕祭」英語版なのです。
表紙は今までもずっと単行本デザインをやっていただいている名和田耕平事務所さまにお願いしています。
9月、とずいぶん先ではありますが、Amazonを検索したらもう載っていたので、ここでお知らせしてみることにしました。
真中や咲ちゃん、オロチまでが英語を話しているのが面白いですよ~
表紙はクシナダに奪われてます。
日本語版ではカバーの向うに秘められていたのに…
おそろしい~

あ 中身はいっしょです…
まだ本は手元に来ていませんがサイズはA5になるようです。
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

由良 says..."すごい!"
白井さん、こんにちは。
英語版「天顕祭」おめでとうございます。
すごいですねー。
わくわくします。
和書版とは異なる表紙もかっこいい。
2010.08.01 16:32 | URL | #- [edit]
yumish says..."Re: すごい!"
ありがとうございます!
なんとなくあちらのペーパーバックらしい感じがして気に入っています。
英語圏の方々はどう思われるんでしょうね~
日本には竹の足場があるのか、って誤解されそうな予感満々です(笑)
2010.08.01 16:53 | URL | #- [edit]
ぴょんきち says...""
Tenkenカッコいい!英語版が出るなんて、すごいですね~。ぜひ、英語圏の方にも味わって頂きたいです、あのなんとも言えん雰囲気を!
さて、感想遅くなりましたが、『初期短編集』読みました。web上で読んだ事がある作品でも、こうして本になって手元にあるというのはとても嬉しいものですね。どの作品も胸にジーンとくるものばかり、宝物にしま~す。
では、毎日暑いですが、御体に気をつけて下さいね。WOMBSますます目が離せなくなってきましたね。楽しみにしています。

2010.08.01 22:36 | URL | #- [edit]
yumish says..."ありがとうございます"
あの雰囲気はどう感じられるのでしょうね。楽しんでもらえたらいいのですが。
そうそう、あちらでも「後半がわかりにくい」な気がする予感^^;

初期短篇集もありがとうございます!そうなんです、かなりの部分ネットにあるので、どうかなあと思ったのですが、手元に置ける喜びを感じていただけて、やはり本になるのはいいものだなあと思いました。

WOMBSも次回のをがんばって描いております。
よろしくお願いします!
2010.08.01 23:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yumikoubou.blog22.fc2.com/tb.php/72-52cc9948